パチンコやめる生活習慣・ハマらないための思考・依存症の怖さ

そらやま

パチンコやめる生活習慣

私はけっこうパチンコ屋によく出入りしていましたが、最近はすっかり行かなくなりました。行かなくても平気になりました。その理由は儲からないからです。

パチスロで言えば、もちろん高設定を打てれば勝てるのですが、なかなか高設定なんていつでも落ちているわけではありません。そうなれば、朝一に並んで高設定をうまく掘り当てればいいのですが、打てども打てども高設定やら低設定やらわかりません。

それもそのはずで基本的に店に収益があがるようになっているので、そんな簡単に見つけられるわけはなく、もっと言えば実際に高設定が入っている保証すらありません。おそらくほぼ設定1なのではないでしょうか。この店は出す店だから、今日はイベントの日だからと朝一からたくさんの人が並んでいたりする光景をよく見ます。

多少はいつもよりか、他の店よりか出すかもしれませんが、大半は低設定になっています。先程も述べましたが、店は利益が全てですからマイナス覚悟で出すような馬鹿なことはしません。それをわかってパチンコ屋にみなさんは行っているのでしょうか。と言いながら、おそらくわかって行っていると思います。

でも、なぜか。「時間があるから行ってしまう」「そろそろ出そうな気がする」「儲かったらいいな」と思いながら通ってしまうのですよね。非常にはかない感じです。これも習慣なような気がします。行かない生活を続ければ行かなくなるのではないかなと思うようになりました。

ギャンブル依存症って話を最近はよく耳にして、自分もギャンブル依存症ではないかなって思うことがありました。でも、案外仕事が忙しかったり、やることがあれば行かなくなるものなんだな~って最近感じるようになりました。この生活がまともなんだって思いながら、パチンコ屋には出入りしてしない生活を今後も続けていきたいです。

世紀末覇者拳王

パチンコにハマらないための思考

私は現在23歳、社会人1年目です。大学時代、週に5回はパチンコへ行っていました。最高成績は4円パチンコで約650000発、20円スロットで約17000枚。1日で数十万円勝った時は快感ですね。

しかし、今考えれば当然のことなのですが、トータルではもちろんマイナスです。勝ったお金でまた打ちに行き、トータルではマイナスになる。結果的には店が儲かるようになっている。うまくできていますね。人間の心理を上手く利用しています。

今考えれば不思議でしょうがないです。なぜ勝ったお金を使ってまた打ちに行っていたのだろうか。私は思考を変えることでパチンコをやめることができました。「パチンコに行ったらお金がなくなる」。しかし今でもパチンコに行きたいという気持ちは変わっていません。パチンコに行くのをやめることができたと言いましたが、正確には行くのを我慢している、という言い方がいいかもしれません

。私は当たりそうな台を選んでいる時が一番好きかもしれません。ほとんど意味のない行為なのですが、、今の私はパチンコは1000円でどれだけ回るかだと思っています。最近の台は規制がかかって出玉が少なくなっているようですね。

そんな今こそ、パチンコをやめるべき時だと思います。どう考えても、パチンコは儲かりません!!平日朝からパチンコ店で並んでいる時間があるなら、ランニングしたり、仕事の求人を見たりするほうがよっぽどマシです。最後に一言。1万円儲かる話があれば、それは1万円失うリスクもある。ラクな仕事はないんです。

助茶屋

パチンコ依存症の怖さ

友人に筋金入りのパチスロ依存症がおります。毎日辞めよう辞めようと思うようですが、暇な時間があるとパチンコ屋に足を運び必ず負けて帰るそうです。最初は少額からスタートしたようですが、気づい見てると金使いも荒くなり金銭感覚が狂い、負けてもすぐに取り返せるだろうと思うようで、仕事の帰りに行き、必ず負けます。

聞くところによると、給料の半分は、のまれたようです。友人の意見では、この負け金額で何かうまいものを食べれたり、良い服などが沢山買えたのにと、いつも負けてから後悔するようです。

私も最近は友人から誘われても、意識して行かないようにしているのですが、友人に誘われるとしぶしぶホールに行き、そこでやらなければいいものを、あっという間に大金がなくなってしまいます。個人的には、娯楽としてはパチンコは素晴らしい趣味であると思うのですが、歯止めがきかなり、大金をあっという間になくし、恐ろしいものであると自覚させられます。最近は極力0.5円パチンコや1円パチンコを打ってなんとかごまかしております。

友人は、休日は朝から晩まで打つようで、かなりの額がなくなるようです。自分からのアドバイスで、休日に何か良い趣味を見つけなさいと言いますが、これが元々趣味になじみがない人は見つけづらい様でした。また、一人暮らしのため、家事炊事全般、やって時間を使いなさいとも言っております。また、料理に凝ればお金がなくなって行きますが、パチンコ程ではないと思いますね。グルメなどにに凝れば、料理も楽しい趣味になるでしょう。

お好み焼きや大きな鉄板プレートがあれば作る練習も出来ます。やはり、このようなパチンコ依存は代わりになる何か趣味などを探さないと、治らないのかもしれませんね。

 

パチンコ動画・体験談毎日配信中

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコやめる生活習慣・ハマらないための思考・依存症の怖さ | パチンコ動画 SANMAN-P