パチンコ依存症の治療はカウンセリングなどの機関を使って、精神的な部分から治す


21

投稿元パチンカー:ファンタジックイレブン
パチンコ依存症などと最近騒がれますが、実際のところパチンコ依存症に詳しい病院自体は全体として、とても少ないようです。パチンコ依存症の専門としない、通常の精神科を受診した場合では、効果がまったくないばかりか、鬱病や精神病などの薬を処方されてしまい、パチンコ依存症としては、効果を感じられないのにも関わる、その薬の副作用が発生してしまい、そのため苦しんでいる患者も多くいるかと思います。

専門の病院かどうかをしっかり調べてから受診しないと行けませんね。そしてパチンコ依存症の治療の外来は、完全予約制の場合が多く、カウンセリング中心になります。

また、継続して受診をし続けなければならないので場合は、保険がきけばそれはそれで良いですが、きかないばあいもあり、実際のところ、知人の場合は、かなり費用がかかり効果が感じられるまでに、ずっと受診しつづける必要があり、お金が続かなかったといっておりました。

正直先の見えない病のようです。パチンコ依存症の治療や克服は専門家に相談して、グループで行う認知行動療法というものがあります。例えていうと、アルコール依存症患者専門のグループミーティングのようなものです。

多種多様なカウンセリングの機関もありますが、ギャンブル依存症克服支援機関という団体もあります。各地でグループで行っている克服のためのセミナーが行われています。値段も安いほうかと思います。

結局のところ、ギャンブル依存症は自体は、否認の病とも言われております。当の本人は自分の状態に対しては、自覚する事は出来ないで苦しみます。実際に長時間はしていないし、仕事は頑張って、生活費出しているだろうから大丈夫などと思っていても、必ず、どんどん借金を重ねますし、長時間に渡り、パチンコ店に入り浸るようになってしまいます。客観的な立場の周りの人が、止めてやるのも治療サポートの手段かと思いますね。

家族や友人などの間違った対応が依存症を悪化させてく事もあります。趣味の範囲だけなら少しくらいなら大丈夫とパチンコを容認する事、本人を立ち直らせるためだと、情が移り借金を代わりにしてしまったり、お金を貸してしまう、パチンコをする事、約束を守らない事、ウソをついた事を攻め続けるなどです。このようにプレッシャーをかける事は大変問題があります。自分の状態を客観的な立場から認知するという事もパチンコ依存症から立ち直る大切な手段であると思います。

 

パチンコ動画・体験談毎日配信中

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ依存症の治療はカウンセリングなどの機関を使って、精神的な部分から治す | パチンコ動画 SANMAN-P