パチンコの負けまくりの経験と心理状態と反省点


21

パチンコ負けまくりの心理状態、経験を書きたいと思います。私も数年間、パチンコ依存症でした。現在は、あまり行きたいとは思いませんが、家族はみんな行きたがります。

友人は、パチンコで借金を作り、今も現在、返済している状況です。パチンコは負けまくるようにシステム上できています。しかしながら、パチンコの勝った時の喜びを、一度でも知ってしまうと、翌日になると、カラダが疼きだしてしまい、もう一度やれば、勝てるのではないかと思う心理状態になります。

勝ったら勝ったで、流れに乗り調子に乗って通ってしまい、負けたら、負けた分の全てを、取り戻そうとしてハマると、負けまくりの状態になってしまいます。基本的には、この状態の繰り返しになることが多いでしょう。自分の経験からいうと、負けまくりの時に冷静になって反省してみました。

そうすると、負けた分をなんとか勝ちに行き、パチンコだけで負け総額を取り戻すのは、かなり難しいなと思うようになりました。そして、徐々に行かなくなりました。そうすると不思議な事に、パチンコでは当たり前のように使っていた1万円、2万円がとんでもなく、大金に感じるようになってきて、恐ろしく思えました。これだけの大事な大金を、パチンコでほんの数十分で消えてしまうという事を考えると、ゾッとしてしまいました

そして、負けまくりの状態から反省した事で、一度行かない習慣がつくと、人間等いうものは、不思議なもので、全く行きたいとは思わなくなりました。

今では、家族から誘われても行きませんし、自分のお金も使いません。貯金も出来るようになりました。そして、何よりもバカバカしいと思ったのは、パチンコ屋では、1万円は紙切れのように思えて、使っていたのにも関わらず、帰りのスーパーでは、おにぎりで数百円をケチったりし、安いものをどちらを買うかという事で、悩んでいる姿がかなり情けなく思えました。

正直、麻薬や覚醒剤と同じようなものであり、辞めると途端に禁断症状が出ます。負けまくりの状態でも同じことが言えます。要は、勝ち負けに関わらず、投資金額に関わらず、必ずくるという事です。我慢する事で乗り越えることが出来るかと思いますが非常に難しいですね。

 

パチンコ動画・体験談毎日配信中

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコの負けまくりの経験と心理状態と反省点 | パチンコ動画 SANMAN-P