パチンコのMAX規制が行われます。今更なぜなのでしょう?


21

ライター:にっしゃん

2015年11月からパチンコのMAX台が無くなりました。とは言うものの現在すでに設置済みの台は当面残されるようです。MAX台は一発大逆転の要素も含む爆裂機です。大当たり確率が400分の1近くという当たりにくさはありますが、いったん当たってしまえば確変の継続などで大量出玉が期待される機種です。

そのためパチンコにのめり込んで借金を作ったり、あるいはパチンコ依存症なる病気にまで影響が及びました。私は普段から甘デジしか打たないので、今回の規制に関して爆裂機を打つ人の気持ちはわかりません。恐らく「なぜ?どうして?」という心境でしょう。しかし一日打っても当たりが来ないようなこともある確率というのは賛成できません。

 私は以前からパチンコはレートが高すぎると感じています。例えば競馬なら一万円持って行けば買い方にもよりますが、一日楽しむこともできます。しかしパチンコはどうでしょう?一万円なんてあっと言う間に無くなってしまいます。一時間当たりが来なければ回りにもよりますが、一万数千円は必要でしょう。すべてを1パチにすることはないと思いますが、せめて玉の買い値をMAX2円にするべきでしょう。

 さてもう一つ良くなる点があります。それは出玉のない大当たりが無くなるという規制です。即ち突確、潜伏確変、突然時短の類です。突確は最初は衝撃がありました。当たりもしないのに突然アタッカーがパカッ・・パカッと開き、確変状態へと入って行きます。しかし出玉はほぼありません。嬉しい反面何か損をしたような気分でした。

 潜伏確変も同じです。打ち手を迷わせるような演出です。2Rランプが点灯すれば確変突入のサインとなるような機種ならまだ分かりやすいですが、複雑なセグメント表示になるともうお手上げです。私は隣で打つ人が潜伏確変に入ったことを知らずに捨てた台を何度もご馳走になりました。しかし知らない人は損をするだけです。

もっと単純なスペックにしてほしいと以前から思っていました。また潜伏確変は電チューサポートがないので追い銭が必要です。私は一度ですが、潜伏確変に入ったことが分かったのですが資金切れになって帰ったことがありました。こんな演出はもういりません。

 ゲームなど遊びの多様化や、やがては登場するカジノなどでパチンコの存在感は薄くなるばかりでしょう。かつての「庶民の遊び」という印象はもうなくなりました。メーカーもやたらお金のかかる台を開発したりせず、もっと安い台を作るべきです。そして何よりパチンコ店はファンに楽しんでもらえるようアイデアで勝負してほしいです。

 

パチンコ動画・体験談毎日配信中

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコのMAX規制が行われます。今更なぜなのでしょう? | パチンコ動画 SANMAN-P