最近のパチンコは出玉が少ないのに初当たり確率が低い!赤保留で外れたときのガッカリ感


パチンカー:まるまる全滅班さん

青保留や緑保留は9割以上の確率で外れることが分っているので全く期待せずに演出が終了するのを待つより他ないです。

遊びに来ているのだから暇だろうと機械にまで虚仮にされているようで腹立たしいことこの上ないです。

パチンコの場合はパチスロのように演出をスキップする機能もありません。
そしてやっと引き当てた赤保留が50%の当選確率をあっさり外してがっくりするまでが日常の風景です。

高確率リーチを何度も連続で外しても、1000回以上のハマリがあっても、確率上起こりうる範囲内の出来事で済まされるのもパチンコ店の日常です。

確定でなく高確率なだけで外す場合もあるという部分にドキドキするのですが、最近のパチンコは出玉が少ないのに初当たり確率が低いように思えます。

5~6台のうち連荘または当たりを引いているのは1台、他は全てハマリ台というのが店内全体でパターン化されているのが見て取れます。

小さなブロックに分けてアタリ台以外は全部ハズレ台なのではないかと疑いたくもなります。

実際、近くにアタリ台があると、金予告だろうが魚群だろうが確定しない高確率がことごとくハズレとなることを何度も体験しました。

そんな馬鹿な話があるものかと思われるかもしれませんが、冷静に客観的に観察するとアタリ台の分散傾向が見えてきてしまうのです。
負けすぎたパンチコ依存症の戯言と笑われそうですが、感想のひとつということで勘弁してください。

 

パチンコ動画・体験談毎日配信中

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

コメントを残す




このエントリーをはてなブックマークに追加
» 最近のパチンコは出玉が少ないのに初当たり確率が低い!赤保留で外れたときのガッカリ感