悪質!釘が開くと中身がなくなる


fbe224e4de30175aef450ca35195194a_s

いやー 最近こういうネタが多いです。髪切りに床屋さん行ってパチンコの話をすると、
調子どう?ていう話になると思うんですが
その時、「全然だめだよー」ていうのがほとんどで
「でますね」 笑
と言う人はほとんどいません。

そんな感じでパチンコの話は出ない出ないの愚痴が話題の中心になってきます。
今回の愚痴、文句は悪質!釘を開けると中身がなくなる
という最近流行りの店の調整についてです。
釘を見てパチンコをするのは昔からの定番といえる攻略法であり現在でも最重要であることは変わりはありません。仮に1000円で10回しか回らなかったら勝つことはその時点でほぼ不可能であり、勝つには回ることはどうしても一定以上回る必要がでてきます。

そんな状況を悪用し、釘を開けて目を引かせて打たせるが実際中身スカスカで全然当たらないという調整をする店があります。まさにボッタクリですね。
このような店の特徴は釘が悪い日は大当たりしやすく、釘が開けたとたんに当たらなくなってしまうのです。

イベント日や新装はどこの店にもあると思いますが最も厄介な店になると
普通の日は出るのに、釘を開ける特別な日は逆にでなくなるという店があるんです。
イベント日といえば、その店の力の入った日で出る日だと客は信じて普段より多くの客が足を運ぶわけですが、
そのイベント日はかえって負けやすい日になっていることがあるので注意が必要です。

 

パチンコ動画・体験談毎日配信中

スポンサーリンク
        
スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加
悪質!釘が開くと中身がなくなる | パチンコ動画 SANMAN-P