パチンコのMAX規制が行われます。今更なぜなのでしょう?


21

ライター:にっしゃん

2015年11月からパチンコのMAX台が無くなりました。とは言うものの現在すでに設置済みの台は当面残されるようです。MAX台は一発大逆転の要素も含む爆裂機です。大当たり確率が400分の1近くという当たりにくさはありますが、いったん当たってしまえば確変の継続などで大量出玉が期待される機種です。

そのためパチンコにのめり込んで借金を作ったり、あるいはパチンコ依存症なる病気にまで影響が及びました。私は普段から甘デジしか打たないので、今回の規制に関して爆裂機を打つ人の気持ちはわかりません。恐らく「なぜ?どうして?」という心境でしょう。しかし一日打っても当たりが来ないようなこともある確率というのは賛成できません。

 私は以前からパチンコはレートが高すぎると感じています。例えば競馬なら一万円持って行けば買い方にもよりますが、一日楽しむこともできます。しかしパチンコはどうでしょう?一万円なんてあっと言う間に無くなってしまいます。一時間当たりが来なければ回りにもよりますが、一万数千円は必要でしょう。すべてを1パチにすることはないと思いますが、せめて玉の買い値をMAX2円にするべきでしょう。

 さてもう一つ良くなる点があります。それは出玉のない大当たりが無くなるという規制です。即ち突確、潜伏確変、突然時短の類です。突確は最初は衝撃がありました。当たりもしないのに突然アタッカーがパカッ・・パカッと開き、確変状態へと入って行きます。しかし出玉はほぼありません。嬉しい反面何か損をしたような気分でした。

 潜伏確変も同じです。打ち手を迷わせるような演出です。2Rランプが点灯すれば確変突入のサインとなるような機種ならまだ分かりやすいですが、複雑なセグメント表示になるともうお手上げです。私は隣で打つ人が潜伏確変に入ったことを知らずに捨てた台を何度もご馳走になりました。しかし知らない人は損をするだけです。

もっと単純なスペックにしてほしいと以前から思っていました。また潜伏確変は電チューサポートがないので追い銭が必要です。私は一度ですが、潜伏確変に入ったことが分かったのですが資金切れになって帰ったことがありました。こんな演出はもういりません。

 ゲームなど遊びの多様化や、やがては登場するカジノなどでパチンコの存在感は薄くなるばかりでしょう。かつての「庶民の遊び」という印象はもうなくなりました。メーカーもやたらお金のかかる台を開発したりせず、もっと安い台を作るべきです。そして何よりパチンコ店はファンに楽しんでもらえるようアイデアで勝負してほしいです。

厳しくなった!パチンコ攻略打法 あの頃は何だったのか?再起へ


3332b08949ba13e3cbebc5982ca92a8e-1

こんにちは。Sanman-p の三方です。
2015 3月29日をもちまして。パチプロは引退しました。
動画はそれまでの間、たくさん撮りためていたものです。(現在も動画は定期的に更新されています)

自分でプロというのは少しおかしいかもしれないですが、これでも合計2000万円以上勝ちました。

しかし現在は週に10日一回程度3.4時間打つ程度で、パチンコ店にいっても正直あまりワクワクしなくなってしまいました。

正確にはかなりの頻度パチンコ店に行くのですが、会員カードのポイントを貯めるだけだったり無料の飲み物を飲みたいだけ飲んで何も打たず帰るというパチンカーとしては終わっている (笑) 状態です。

引退の経緯

勝ちがしょぼくなった
2014年あたりから、でなくなったなー
と感じてはいました。それまで何百万と勝ってきた「振り向けば~店 」というホールでさえ全然勝てなくなりました。
これが、ここ数年の収支です。

無題

勝率は1日あたりではなく1店あたりです。

合計2000万という数字は達成できたので野球で言う2000本安打のような実績は残せたと自負しているのですが、
ここ数年は
回ると当たらない
出る台と出ない台の確率の差が極端すぎる

主にこのような現象が消費税が8パーセントになったあたりから顕著となりました。あと震災後にイベントが禁止になった事がかなりの打撃、というか勝ち額ダウンにつながりました。勝率の低下も顕著に現れています。

全盛期は月30万くらいは当たり前で、世の中にパチンコ店さえあればお金に困ることはないとさえ思っていました。時給でいえば年で平均しても2000円以上はありました。

月に70万いっていた頃は、おそらくそのへんの普通の主婦でも月10万くらいなら粘りだけで勝っていたし、少なくともプロ仲間はたくさんいました。

ところが2013年の頃から前述のような現象が多く発生するようになり、時給で言えば500円程度まで落ちこみました。
そして多くのパチプロと呼ばれてきた人は苦戦を強いられ姿を消していきました。

予想がつくようになってしまった

パチンコは、勝てるから面白い!と心の底から染みついていた私には、この勝てないパチンコに興味と関心が薄れてしまいました。
パチンコ屋に行き過ぎて楽しい部分も嫌な部分も知り尽くしてしまったので、パチンコ台を前にしても、打ちたい衝動にかられなくなってしまったのです。

ギャンンブラーの血は抑えられません。なんだかんだと5日おきくらいには打っています。

あと完全に今までの収支はデータ化して管理していたので、どの店でどんな状況でどんな打ち方をすると収支がどのくらいになるか検討がついてしまうようになったため、
これをやると頑張っても時給500円くらいだからパチンコするなら、バイトの方がまだましで時間価値があるな、。とか思うことも増えてきてしまいました。

もともと収支をデータにするのは立ち回りに生かすためでした。
「この店は一カ月通って駄目だからもうやめよう、二度と行かない」 と判断しても
月日が巡った後で「あの店はどうだっけな?行ってみるか」 →また駄目
こんな悪習にならないためにも、出ない店にはでない証拠、出ないシールを貼っておきます。
このためにも絶対に収支管理表は不可欠なものでした。
そして収支から勝てる店はやっぱり他の店とは全然違いますので、集中攻撃することで勝率アップにつながりました。

最近その収支は悪化の一途をたどり、頑張っても年100万程度しかいかなくなりました。
ガッツリパチンコを打ち込んでその程度では先は見えています。

2015年夏現在にいっては年間でマイナスですからね、。

以前の台は不器用と言えるくらい正直であったので、隙をつくことが容易にできました。それがガッツリ年間500万勝ちなど今ではあり得ない、想像もつかないパチンコがそこにはありました。

最近ではテレビがデジタル化されたり、ホールに最新の凄い台がでたりで進化してきたのと引き換えに、皮肉にもその進化した最新技術によって勝ちにつながるロジック、正攻法などは通用しなくなっていき、勝ちへの扉は相当狭くなり潰されてしまったのです。

ですからこれからパチンコだけで生活していこうとか考えない方がいいです。あくまで上の収支は過去のものですから。
たしかに負けにくくなる方法はありますが以前のように派手にはもう勝てる気がしないです。
止め打ちだけでプラス1万とか昔は普通にありましたからね。それを考えると昔と今はやっぱり変わっちゃったんです。

「パチンコは程度のある遊びです」ってよくどこかで目にしてきましたが。「フン!俺には関係ねえ」
と思ってきましたがこうして勝てなくなってしまうとその言葉の意味がズシリと重くのしかかるかのようです。
パチンコは「勝てるから」といいながら理由をつけて打ってきました。実際は頼ってかなり依存していたのです。

それでも微々たる勝ちがあるだけましかもしれませんが、先が見えてしまった以上限界が来てしまったのです。時給500円程度なら何か違うことをしたいなと、、、

いろいろ模索してチャレンジしてきた結果、このようなパチンコ動画サイトを独学ですが作れるようになり新しい道が開けました。
2014年2月からWEBクリエイトするようになり、もともとファイナンシャルプランナーであったので知識を生かしながらいくつかのサイトを立ち上げて情報配信できるようになりました。

つまりパチンコで勝ってきたノウハウや知識を生かせる仕事と場所を見つけたのです(^^)

新しい分野には偉大な師匠は何人も存在し励ましてもらいました。

まだサイト制作一年半ですので、まだまだ今ひとつではありますが多くの方に助けて頂きました。

この動画サイトも一年前からあったのですが、サイトの勉強で精一杯でサイト内容は素人丸出しで記事の内容も理想通りにはなりませんでした。

パチンコで勝ってきたからパチンコの勝ち方について書こうとか、理論など書いても面白くもなんともないから楽しいサイトにしようとか、どんな形が良いか迷い続けた結果、このサイトは申し訳なくもずっと放置されていました。(笑)

新たな出発

2015年7月現在。2015年の収支は未だにマイナスです。今まで収支表のように勝っていたのはまるで幻、遠い昔の前世の頃の話のように感じます。

今にして思えば、パチンコに依存していた部分はかなりありましたね。休みの日にやることがないのでふらっとパチンコにいってしまうとか、モヤモヤするからとか (笑)

でも私の場合はとにかく勝ちへのこだわりが強くて、2.3万負けるとかとにかく気分悪くて大嫌いなので割とすんなり一切打たない期間が増えても全然平気になりました。

パチンコは今までのような本気印ではなく、あまりにストレスが生じた時の気晴らし程度に続けていこうと思います。

新しい知識を今までと違う視点で生かし、気持ちを新たにサイト作りとパチンコに励んでいこうと思います。

どんなやり方で勝ってきたのかとかさらっと書いてみようとも思います。
パチンコ収支は今後もできるだけ更新していきますね。

これからは気楽にパチンコして楽しんでいきたいと思います。


2015.8
パチンコサイトは放棄しようか悩みましたが、久々にサイトに入ると毎日300近いアクセスがあることを知り、申し訳なさとパチンコ業界まだまだいけるなと、見直すことにしました。

いきつけのホールの換金率が等価になり勝ち続けるのはほぼ不可能(持ち比で勝つ基本スタイルが貫けなくなった)となったため

勝つ目的道筋にある動画から、
動画のためのパチンコへとシフトしました。そのためについにライパチに初めて参入しました。

漠然と動画だけのために打つことは無理でした。やはり勝ちにいくパチンコONLYにします。

2015年パチンコの事情 明らかに出なくなった


872617e6cf3d7bb87512946c5fb30514_s

2013年、2,014年 2015年と経過する毎にパチンコはますます出なくなってきました。
うーんパチンコ情報サイトが出ないとか言っていいのか、、。
ただ真実をそのまま伝えたいと思います。

というのも明らかに収支が悪くなってきているからです。
やはり消費税の影響が1番強いようです。
2015年はどんな状況かといいますと、次々にいろんな店がだめになってきています。

多くの店の特徴

・釘が不自然に良くて回るが、中身が全然なく全然当たらない店。確率はまず収束しません。
・等価交換に生まれ変わり釘がガチガチになり全く手が出せなくなってしまった店
ほぼこの2つのパターンに分類されてきました。

優秀ホールも次々に陥落・撤退

中には500万近く勝っていて「振り向けば~店」と言われてきたようなホールでさえ現在はまるで出ません。
我々は2014年までにかなり優秀な成績を収めてきたホールから撤退を開始しました。貯玉は全て交換です。

そして300万以上勝っているホールに限定して打っているのですが、それでも
今年の収支はマイナスです。このままの調子だと2015年は-100万以上いってしまうペースです。

かつてないあまりに強い締め上げをされてきた為かお客さんは最近かなり減ったような感じがします。正直な「シメシメ」いった感じですw
これだけでなければみんな嫌になるの当たり前ですよね。

2014年の時もそうだったんですが3月まで全然駄目なのが4月から良くなると言う可能性もまだあるので今後に期待したいと思います

2000万以上勝ってきた人でさえ勝ってない

今では本当にそんな勝ってきた人がいるか信じられないですが現実にはいます。しかしそんな彼らの高い技術をもってしてもまるで駄目の様子です。出ないものはでない、、ようです icon-meh-o 

北斗の拳6だけは出る

チャーミー中本さんも言っていましたが、かなり負けがこむ中、北斗の拳6では勝っているそうです。ケンシロウはまさに救世主と言っていました。
たしかにそれはあながちチャーミーさんだけに起こっていることではないようです。
北斗の拳6は他の機種と比べ初当たり確率の安定感があり、当たり後にもかなりの爆発力があるため少なめの投資に対してリターンの多い収益性の高い機種になっています。
なぜそうなるかわからないのですがとにかくこの機種だけは他の機種と違い大当たりのかかりが良い傾向があります。

現在他の機種ではほとんど勝つことが期待できないため、北斗の拳6に限定する制限を行っています。北斗の拳6だけ打つことによって収支がどのように変化するか今後がんばっていきたいと思います。

パチンコの噂情報 会員情報で出玉制御?



なぜいつもこうなるのか?

最近こんな情報が入ってきました。
それは会員カードを入れるとその会員に関する情報がコンピュータに送信され、その技量に応じて出玉を調整するシステムがある
というものです。
会員カードってどこの店もだいだいあると思うんですがその会員カードの情報をコンピューターが読み取り、その客が上手な打ち手か、下手かをを判断することができて、自動的にその客のレベルに応じて出玉を変えられるというシステムがあるという噂があるんです。
ほぼこの情報は負けて悔しさをむき出しにした人が、勝手に想像で作り上げた噂ではないかと思います。
要するにオカルト情報
ですね。会員カードを使わない人だっているしね。

今まで勝っていたのに毎日毎日負け続け、他の人がやると出るのに自分がやると全然出なくて、とにかく毎日あまりにも出なさすぎるのでいい加減にこれはおかしいのではないか?もう科学的に見ても何かおかしいレベルなのではないか?疑ってしまうんですよね。
この情報がガセである可能性はゼロではないと思います。
もし死ぬまでパチンコ打ってあまりにも差があり科学的レベルのデータが集まればこの噂は本当になるかもしれません。

そのような出玉調整装置の存在をすぐに肯定してしまうとすぐにオカルト的な打ち方に走って、肝心の正しい打ち方を損ねてしまうのであまり好ましいこととは言えないのですが、だからといって可能性は完全否定できないものがあります。
いい加減おかしいだろう!何かやってんだろ!パチンコを打つ側にとってこの叫びは永遠のテーマですねw

ちなみに釘を開けて当たりづらくするシステムの存在はもう周知の通り「黒」です。

悪質!釘が開くと中身がなくなる


fbe224e4de30175aef450ca35195194a_s

いやー 最近こういうネタが多いです。髪切りに床屋さん行ってパチンコの話をすると、
調子どう?ていう話になると思うんですが
その時、「全然だめだよー」ていうのがほとんどで
「でますね」 笑
と言う人はほとんどいません。

そんな感じでパチンコの話は出ない出ないの愚痴が話題の中心になってきます。
今回の愚痴、文句は悪質!釘を開けると中身がなくなる
という最近流行りの店の調整についてです。
釘を見てパチンコをするのは昔からの定番といえる攻略法であり現在でも最重要であることは変わりはありません。仮に1000円で10回しか回らなかったら勝つことはその時点でほぼ不可能であり、勝つには回ることはどうしても一定以上回る必要がでてきます。

そんな状況を悪用し、釘を開けて目を引かせて打たせるが実際中身スカスカで全然当たらないという調整をする店があります。まさにボッタクリですね。
このような店の特徴は釘が悪い日は大当たりしやすく、釘が開けたとたんに当たらなくなってしまうのです。

イベント日や新装はどこの店にもあると思いますが最も厄介な店になると
普通の日は出るのに、釘を開ける特別な日は逆にでなくなるという店があるんです。
イベント日といえば、その店の力の入った日で出る日だと客は信じて普段より多くの客が足を運ぶわけですが、
そのイベント日はかえって負けやすい日になっていることがあるので注意が必要です。

動画の信頼度への配慮について 三万発は はずれが多い?その理由



当チャンネルでは一つの動画に時間をたくさんかけて高品質にするより、
質は落ちますが、動画の量を維持することにより最適なバランスを保つように配慮してます。

信頼度への配慮

はずれ動画もできるだけできるだけそのまま入れる配慮をしています。
動画が当たりに片寄りすぎることは、本来の信頼度より高くなってしまうし、
あたかもパチンコはいつも当たるような錯覚を起こさないためです。
sanmanpではデータ集積を扱っていますので、データの取り扱いは全体の数字から割り算したりしないと真のデータが導けません。
なので視聴者の判断がおかしくならないように、パチンコてみんなと同じで厳しいんだよー ていうことが伝わればよいかな と思っています。

それでも実際には撮る人の感情がかなり影響してしまうので、
リーチがはずれた直後に 「こんなの見てもみんな面白くねえだろな」 ていう動画は結構消してます。

皆様のパチンコマインドをコントロールしすぎないためにも
皆様が体験するパチンコと同じもの。ありのままの動画をなるべくお届けしたいと思っています。

パチンコはST機にするとつまらなくなる?

MAX、ミドルの演出をそのままに、確率を甘くして甘デジとして普通に出して欲しいのに、
STになってしまい残念な機種があります。
キン肉マンlight、北斗5慈母、ルパン三世銭形、聖闘士星矢。
この機種に関しては、緊迫したバトルを堪能したいのでSTにしてしまうとまったく面白くない。
ルパン銭形は、STを10連続スルーした挙げ句、
ようやく11回目に入ったラッシュが2連連チャンで終了!・・・非常に厳しい。
これじゃMAXのルパンより厳しい。
何でSTにするのか?
北斗も戦ってこそ北斗なのにバトルがSTじゃ楽しさ半減。
戦わない北斗はつまらないです。
頼むから、MAX、ミドルそのままの内容の甘デジを出して欲しいです。

 

パチンカーの98%が他人の負けが「嬉しくて・喜んでいる」という悲しい事実、。

98%の人が内心他人の負けを喜んでいるという悲しい事実

 

いやー ついに衝撃の事実を知ってしまいました。
実は先日、パチンコに関するアンケートやその他調査で
50人に49人(98%)が「他人の負けを喜んでいる」という事実が判明しました。

「うわーまいったな」と思いました。
多くの方が負けるのは負けることをしているから負けるという
当然の結果があるだけなのに、他人の負けを喜んで
「そうだよな あいつも負けてんだなククク」
と考えてしまっているんです。

つまりですね この何が問題なのかと言うと、、、。
情報を発信している我々は皆様に喜んでもらう記事サイト内容は
「200万勝つ方法がありました」
それはこういう方法です。実際に試したらマジ勝てました(Vサイン)

というような記事ではなく
負けちゃったよーん
もう金なくなっちゃったー しょぼーん

みたいな記事の方がウケルということだからなんです。

実際にこうして情報配信していると
書く人の個人的な好みや考えがかなり表に出るので
パチンコ記事もそうした記事になってきます。
しかし必ずしもパチンコを楽しむ多くの方が求めているような情報とは限らない、、。
そう何度も感じてはいたのですが
今回
50人に49人(98%)が「他人の負けを喜んでいる」
という事実に直面し不安は現実のものとなってしまいました。

編集者の好き放題記事ではなく、皆様に楽しくエンジョイしてもらい
多くの方にサイトを見て頂くのが大事な運営方針ですので、
今後はダメダメ記事を重視した記事を書いていこうかな(笑)と思いました。

これに伴い当サイトで最も力の入ったメインを飾っていた本気コンテンツ
ぱちんこいっき」は隅へ追いやられる運びとなりました(笑)
でも2%の人にはしっかりとその書いていることの
本物さ・熱意・情熱が伝わるのではないかと思っています。

動画はデータの偏りかたよりを極力なくす工夫をしています


download1

こういう状態は目を背けたくなりますが受け入れるしかないんです(>-<)

通常動画を配信していますと、理想的なのは激アツの演出が来て大当たりするものです。
動画を見る方からすれば気持ちの良い動画であり、高評価がつきやすくなります。
一方ハズレてしまう動画はどんなに、途中に珍しい演出が来てもハズレてしまえば見る方は
「見て損した」と不快になり悪い評価になります。

撮る側に、とってもハズレたものは気分が良くないので削除することは
よくあります

しかしそれでもあえてハズレ動画もありのまま入るようにしています。

・大吉しかでないおみくじ
・商品について良いことしか言わない店員や口コミ
・戦勝の情報ばかり掲載する新聞

これらは真実とは言い難く、見る側に間違った情報を伝えることになります。

このような状況を避けるため
ありのままをそのまま載せることを重視しています

動画では当たるのだから、実際も当たって当たり前!という錯覚暗示状態を避けるためです。

当たりばかりの動画を見て当たって当たり前という強気の状態になってしまうのは
好ましくないんです。

でも最大の理由は
真実の打法を導くには、
当たりばかりの状況ではなくすべての回転数でのハズレ状況も含んでいる必要があるからなんです。
もしハズレを除外してしまったらそれは現実ではなくただの理想ですからね。

当たりで良いイメージを持つのも必要ではあるので
その場合は確変・ST・ラッシュ動画を見てくださいね
必ず良い当たり方をする動画になっています。

店の人に言いたい!あなたならこんなひどいのを打つ気になるのか?

あー 5万負けたー
今日はやっても2万までって決めてたのにな、今日は打つはずじゃなかった
誰しもこんな風に思ったことがあると思います。
店に行ってしまえば、ドンドコドンドコでかい音量で耳は完全に麻痺してしまうし、
でなければ熱くなってしまうんですよね。
アニメ、映画になった福本さんのカイジも
沼で出して地下労働から解放された初日から10万負けて
その際に「つい熱くなっちまって」
と言っていました。
黒服に「少しの金くらい残しとけ」と言われてました。

店内にはさらにATMも配備されるようになり、一歩間違えれば本当にドロ沼状態です。

最近は容赦なく出さなくなりました。

店の人に、あなたが客であったならこんなひどい状態で打つ気になりますか?打ちたいと思いますか?
こう言いたくなります。
ここまでひどくてサラッと平気で営業している自体が不思議なんですよ

本当に客の気持ちや立場が分かってない!
それなら行かなきゃいいんだけど、そんなひどい状態でも打つ人は打ってしまうんですよね。
もとから行かなきゃいい、行く方が悪いって話ではありますが
パチンコ業界って良くなるって話自体がなく、悪くなる一方じゃないですか
魚群タイムでワイワイやってるのに、誰も座っていない、風通しが良すぎて寒い、だから女性もいきずらくくなる
そんな店の現状が増えています。
消費税などで店もやっとなんでしょうが、
このままじゃ駄目だと思いますねパチンコ業界♪(´ε` )悪循環に入っています。